« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月 アーカイブ

2011年02月22日

「音楽堂で聴く雅楽」オフ?ショット

IMG_1449.jpg音楽堂館長おすすめショット「舞楽のリハーサル」。
装束なしでも舞い姿の端正さは十分感じられました!まあワイシャツにネクタイという姿は、ちょっとユーモラスではありますが(笑)。

CIMG0744.jpgCIMG0743.jpg











開演待ちのひととき。 管弦の演奏時は、地味な色の装束ですが。。。
CIMG0746.jpgCIMG0747.jpgCIMG0754.jpg






舞楽のときの装束は、派手!


IMG_1456.jpgそして、終演後の佐々木冬彦さんと篳篥(ひちりき)の山田文彦さん。
山田さんには練習の時から注目!していたのですが、宣言通り「普段どんな音楽を聴いているのか?」インタビューしたところ「JAZZが好き」とのお答えがかえってきました。
「J-POPも聴きますよ」とのことでしたが、突っ込み不足で誰のファンかは聞きそびれてしまいました。
先週末のことなのに、既に遠い昔のことの様。。。
さて、次は「クラシックな休日を♪ in 音楽堂」です。(花)

假屋崎さんのお花

今回の「音楽堂で聴く雅楽」公演は、KAATの開館をお祝いして、新殿のお祝いの折などに舞われる『賀殿』や佐々木冬彦さんの新曲など、祝祭的な意味が込められたプログラムを選びました。
その舞台に文字通り花を添えてくださったのが假屋崎省吾さん
CIMG0733.jpgこの赤い木材は、一体なんでしょう?
しかも、やけに多いんですよね
どんな設えになるのでしょうか。。。







CIMG0735.jpgオンシジュームの文字が見えたので、取り急ぎ照明スタッフに「黄色い花が生けられる」ことを伝えました。








CIMG0736.jpgCIMG0737.jpg

















IMG_1452.jpg














これは、雅楽のことを全く知らない私が設営後に伺った話なのですが、舞楽の際、大太鼓(だだいこ)という直径2メートルもある巨大な太鼓を左右一対で配置するとのこと。
今回の音楽堂公演には登場しなかったのですが「假屋崎さんの設えは、大太鼓を彷彿とさせる」と、関係者の方がおっしゃっていました。
雅楽の入門書をひもとくと、雅楽の世界観では、音楽や舞は自然界の森羅万象(季節、方位、色、神獣などなど)と呼応しあって宇宙の秩序が成立している、と考えるようです。今回取り上げた『賀殿』は壱越調の曲で、それに対応する色はなんと「黄色」。
假屋崎さんも、そこまではご存じ無かったようですが、大太鼓を思わせる設えやオンシジュームの黄色など。。。知らず知らず公演にピッタリの選択をされていたのですね。

公演も終わり今更なのですが「雅楽のことが知りたい!」と、思いました。(花)

NHKサウンド☆クルーズ♪

毎度お馴染!「NHKサウンド☆クルーズ
P1000127%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpgさて。。。ここはドコでしょう?
今までこの風景、関係者以外目にすることが無かったのですが。。。

NHKはお引っ越しして、今はKAATと同じ建物の中。
新しいアトリウムからは、この放送風景が見られます。
しかも。。。
P1000119.jpgこんなに大写し!
3人の漫才が、アトリウムに響き渡ります。

新しくなったNHKには、どーもくんと記念撮影することも出来る来館者用スペース「ハートプラザ」が設けられています。
様々なイベントも入場無料で行われています。
お立ち寄りの際には、是非大画面にもご注目ください。
もしかしたら、音楽堂公演の出演者(&館長)がトークを繰り広げているかもしれません。(花)

クラシックな休日を♪ in 音楽堂
藤岡幸夫指揮 神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会

バーンスタイン:「キャンディード」序曲
バーンスタイン:「ウェストサイド・ストーリー」よりトゥナイト(Sop.坂井田真実子 Ten.樋口達哉
バーンスタイン:「ウェストサイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」より
4月16日(土)
開  演 15:00 [14:30開場]
料  金 全席指定 一般 4,500円/学生券(24歳以下) 2,000円 
<ご購入特典>
公演当日の公開リハーサルに、先着200名様をご招待!
詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年02月18日

『音楽堂で聴く雅楽』リハーサル始りました♪

いよいよ明日の本番を前に、音楽堂でリハーサルが始りました。
CIMG0716.jpg今回、こんな感じで仮設舞台が組まれています。










CIMG0719.jpg仮設舞台の上には、こんな風に平台が組まれ。。。










CIMG0720.jpg緑布が敷かれ











CIMG0722.jpg欄干が取り付けられました。











CIMG0729.jpgさぁ、いよいよリハーサルです。

当日券は、明日14:00から販売いたします。
文字通り、雅な音楽と舞の東京楽所、佐々木冬彦さんの新曲『華の宴』、そして、假屋崎省吾さんの花とのコラボレーションを堪能しに、是非音楽堂へお出掛けください♪(花)

2011年02月15日

高齢者疑似体験と煙体験

先日音楽堂では、高齢者疑似体験の研修を行いました。
CIMG0690.jpg手や足の関節が不自由になるようプロテクターを付け、腰を曲げるために首と足を固定します。








CIMG0694.jpgその状態で、階段を上ってみます。










CIMG0691.jpgもちろん視野も狭くなるので、ゴーグルを付け、手の動きを悪くするためにグローブをはめます。
その状態で小銭を見分けたり、豆をつかんだりしてみました。
これらは、あくまで「体験」でしか無いのですが、職員全員が体感することにより、少しでもお席へのご案内や、音楽堂の環境改善に役立てたいと考えております。
**************************************************************************************************************
そして、今日は防災訓練。
CIMG0715.jpg公演本番中での地震発生を想定して避難訓練を行いました。
避難訓練が終わった後は、煙体験ハウスです。
体験用の煙なので、無害ではあるのですが「煙い!」。
咳き込んでしまいます。これが有毒ガスだと思ったら。。。「怖い」の一言です。
本当に火災が起こったら、動揺するでしょうし、視界も悪く咳き込むでしょう。
安全にお客様を誘導するためにも、日頃の訓練が大切だと改めて感じた1日でした。
ちなみに。。。
煙の立ち込めている中でも床から15センチくらいまでは酸素が残っていることもあり、なるべく姿勢を低く避難すると良いそうです。(花)

2011年02月05日

阿久和小学校~ 発表会終了♪

今回の学校プログラムの対象校は2校。永谷小学校に続き、阿久和小学校にも伺いました。
両校全く同じワークショップなのですが、参加する子どもたちや演奏する場所などが変わると、全く別物の新鮮さがあります。
IMG_1382%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg家から持ってきた物を使い、皆で合奏します。
レジ袋をクシャクシャ丸めて「カサカサ」した音を立てたり、ペットボトルをバンバン叩いて大きなリズムを奏でたり。。。


IMG_1391%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg本格的に楽器を使った合奏もしました。
指揮者の指示に合わせ大きな音にクレッシェンドして、皆揃ってパッと止めること、音を抑えてフェードアウトすることや「小さな音に耳を澄ます」大切さも知ってもらいました。

IMG_1400%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg神田さんたち講師との合奏もだんだん板に付いてきました。
自分たちだけでの演奏は、何となく心細い感じなのですが、フォローしてくれる人がいる安心感からか?神田さんたちとの合奏は皆「思いっきり」演奏している気がします。

阿久和小学校の発表会のお客様は、1学年下の3年生♪
楽しんでもらえたかな?4年生の先輩たちは楽しそうだったかな?
来年4年生になったみなさんと一緒に合奏できたら嬉しいです。(花)

おまけ
IMG_1372.jpgご飯給食も増えたと聞きますが、まだまだパンも健在。
ただし~ 単なる白パンでは無かった!
胚芽パンなのかな?(ココで確認できました!胚芽パンでした♪)本当に給食が美味しくなったなぁ~
それでも、今の子どもたちはあの頃の私の様に「美味しくなーい!」と思っているのかもしれませんね。

永谷小学校~ 発表会終了♪

IMG_1344.jpg3週間にわたり、ワークショップをさせていただいた永谷小学校での最後の授業は、何と体育館で全校を前に今までの成果を発表する「コンサート」。




発表は、各クラスに分かれて
・身の回りのものを叩いたり、擦ったり、振ったり、弾いたり。。。様々な“ガラクタ”で合奏。
・マリンバや太鼓など、楽器を使っての合奏。
そして、4年生全員で演奏♪
最後には神田さんたち講師の本格的な演奏も!
『剣の舞』のパワフルな演奏は、皆の心を鷲掴み!でした。
IMG_1368.jpg最後の最後、体育館の片づけが終わったあと、4年生の皆さんが、運動会で覚えた『エイサー』をプレゼントしてくださいました。
楽器を叩きながら踊るエイサーは、パーカッション授業の最後をしめくくるのにピッタリ!
永谷小学校の皆さん!ありがとうございました。(花)
おまけ
IMG_1355.jpg今の給食って、昔に比べて凄く美味しくなってます!
が。。。ご飯でも牛乳っていうところが「さすが給食」です。
ごちそうさまでした★

2011年02月04日

『音楽堂で聴く雅楽』リハーサル終了♪

110129_105254.jpg「音楽堂で聴く雅楽」公演のリハーサルも一通り終了。
あとは、前日と本番前のG.Pを残すところとなりました~
今回は太鼓の大きな音と同時にシャッターを切ってみました。

まずは、新曲の演奏です。
作曲者の佐々木さんは、いわゆる弾き振り。
公演当日はどうなるのでしょうか?

個人的に私が注目しているのは、篳篥(ひちりき)の山田文彦さん。
雅楽を奏でているはずなのに、何となくROCKを感じます。
時間があったら「普段どんな音楽を聴いているのか?」インタビューしてみたいと思っています!
ちなみに東京楽所の皆さんは、現在ドイツ公演中
ご無事の帰国を待ちたいと思います。

皆さまには、ドイツの方々も魅了する、雅楽の楽器が奏でる優美な音を聴きに、是非音楽堂へお出掛けください。(花)

音楽堂で聴く雅楽
2月19日(土)
開 演 15:00 
料 金 全席指定 一般4,500円 学生(24歳以下)2,000円 (特別ペア券:売切)
東京楽所(管絃・舞楽)、佐々木冬彦(新作作曲・箜篌演奏)、假屋崎省吾(花)
【プログラム】
第1部 管絃
    『壱越調音取(いちこつちょうねとり)』
    『胡飲酒(こんじゅ)』序・破
    佐々木冬彦作曲
    箜篌と雅楽のための『華の宴』(委嘱初演)  
第2部 舞楽
    『賀殿(かてん)』
    『抜頭(ばとう)』
    『長慶子(ちょうげいし)』

About 2011年02月

2011年02月にブログ「音楽堂ほぼ毎日日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年01月です。

次のアーカイブは2011年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34