公演情報

音楽/その他

【チケットかながわでの取扱いは終了しました】

神奈川県立音楽堂 還暦!記念週間

音楽堂で聴く聲明 四箇法要―花びらは散っても花は散らない

公演日時: 2014年11月03日(月) 15:00開演
14:30からプレ・トークあり  

【本公演は終了いたしました。】

 

音楽堂の還暦週間の冒頭を飾るのは、仏教儀式の中で僧侶たちが伝えて来た声楽「聲明(しょうみょう)」です。

聲明は、日本音楽の源流であり、その歴史性と音楽性から、キリスト教のグレゴリオ聖歌と共に、優れた宗教音楽として高く評価されています。今回上演する「四箇法要(しかほうよう)」は、唄(ばい)・散華(さんげ)、梵音(ぼんのん)、錫杖(しゃくじょう)という、752年東大寺大仏開眼供養の際に唱えられたと記録にある日本最古の聲明曲と、平成24年に宮内康乃が作曲し音楽堂で初演された現代の聲明曲「海霧讃歎(うみぎりさんだん)」とで構成されています。

この「海霧讃歎」は、東日本大震災の津波で亡くなった女性が、生前に詠んだ短歌をテキストにした作品で、30人の僧侶たちの、鍛え上げた声だけで唱えられます。初演の際、木のホール全体に満ちるその声の響きに、大きな感動が巻き起こりました。

時代を超えて引き継がれていく音楽と祈りの世界を、音楽堂の音響と空間で、是非ご体感ください。

※本公演は還暦特別パスの対象公演です。


※プレトークがございます。 ※上演時間は約90分を予定しており、途中休憩はございません。
※11月3日は月曜・祝日です。

 

当日券情報

14時から販売します。

全席指定 一般4,500円 学生(24歳以下)2,000円
※学生券は枚数に限りがあります。

出演

声明の会・千年の聲【天台聲明:七聲会 真言聲明:迦陵頻伽聲明研究会】
構成・演出:田村博巳

プログラム

古典聲明(唄・散華・梵音・錫杖ほか)と新作聲明(宮内康乃:海霧讃歎)

プロフィール

■声明の会・千年の聲
千二百年の伝統を誇る日本の音楽の貴重な財産である「聲明」。その伝統の継承と発展を目的に、日本の聲明の二大潮流を成す真言宗の孤嶋由昌、新井弘順と天台宗の海老原廣伸、京戸慈孝の四人の指導者が宗派を越え、1997年に「聲明四人の会」として結成した。国立劇場の田村博巳を演出家に、NPO法人魁文舎の花光潤子をプロデューサーとして、スパイラルホールでの定期コンサート「千年の聲」を基盤に活動を開始した。30数名を越える中堅、若手メンバーの著しい成長から2003年に「声明の会・千年の聲」と改名。古典作品の紹介と優れた作曲家に委嘱する新作聲明を発表し、聲明のもつ伝統の深さと現代への可能性を追求している。
■宮内康乃 作曲家
1980年神奈川県生まれ。東京学芸大学G類音楽科作曲専攻卒 業、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科タイムベースドメディア専攻修了。作曲を山内雅弘、三輪眞弘、各氏 に師事。学部にて作曲を、大学院にて電子音楽、サウンドアート、 アルゴリズミックコンポジションなどを学んだ結果、人間の身体と 声にもとづくプリミティブな表現の魅力にたどり着き、修士制作として人間の呼吸の有機的な伸縮により音楽が構成されていく、女声 のための合唱曲『breath strati』を作曲し、2008年 オーストリア、リンツでの《Prix Ars Electronica》にて Honorary Mentionを受賞。同年より『breath strati』のコン セプトをもとに、女性による音楽パフォーマンスグループ「つむぎね」を立ち上げ、活動を開始。2008年度トーキョーワンダー サイト主催《EXPERIMENTAL SOUND & ART FESTIVAL》にて最優 秀賞を受賞。現在もさまざまな機会にて演奏活動、ワークショップなど精力的に行っている。2011年複数の鍵盤ハーモニカのた めの作品『mimesis』にて、社団法人日本作曲家協議会主催・第6回JFC作曲賞受賞。
■田村博巳 演出家   
1981年より国立劇場(日本芸術文化振興会)勤務。95年より静岡音楽館AOI企画会議委員。現在、国立劇場制作部長。民俗芸能、雅楽、声明(仏教音楽)を中心に日本の伝統芸能公演を企画制作し、民俗儀礼や口頭伝承の研究に立脚した創作を舞台芸術作品として構成演出する。また、古典芸能の保存・継承とともに、作曲家等と協同して、伝統の素材を現在の視点でとらえた意欲的作品を数々発表する。これまでに、国立劇場(88~99年)および国立文楽劇場(2004~06年)主催の公演制作をするほか、本多劇場劇小劇場プロデュース公演 伝統芸能シリーズ「楽の庭Ⅰ~Ⅳ」(97~2000年)やスパイラル声明コンサートシリーズ「千年の聲vol.1~22」(98年~現在)などで継続的に構成演出している。

チケット発売

チケットかながわ取り扱い終了

料金

全席指定 一般4,500円 シルバー(65歳以上)4,000円 学生(24歳以下)2,000円
シルバー、学生券は、チケットかながわのみで取り扱います。枚数に限りがあります。

※シルバー券は売り切れました。

託児サービス

公演1週間前までに要予約。お子様1名あたり2,000円。定員になり次第締切。
お申込:チャイルドサービス遊 TEL045-790-4105(月-土9:00-18:00)

お問い合わせ

神奈川県立音楽堂業務課  045-263-2567(9:00~17:00 月曜休館)

主催

神奈川県立音楽堂[公益財団法人神奈川芸術文化財団]

あなたにオススメの公演

  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme
  • 音楽堂 ほぼ毎日日記アーカイブ