公演情報

クラシック

クロノス・クァルテット【来日公演中止代替企画】
テリー・ライリー「サン・リングズ」
スペシャル・セッション&トーク
Kronos Quartet / Terry Riley "Sun Rings" Special Session & Talk (alternative event)

ひとつの地球、ひとつの人類、ひとつの愛 — 時空を超えた地球讃歌!

公演日時: 2020年10月03日(土) 17:00開演 (16:30開場)  

※本企画は、クロノス・クァルテット来日公演の中止に伴い、内容を変更して実施する企画です。
詳細は本ページや、ヴィルトゥオーゾ・シリーズWEBサイト ongakudo-classic.com Newsにて随時更新します。

 この秋、17年ぶりの来日を果たすはずだったクロノス・クァルテットの日本ツアーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となりましたが、このたび、神奈川県立音楽堂だけの特別なセッションが決定しました。

 クロノス・クァルテット来日ツアーの音楽堂公演で日本初演を予定していた、巨匠テリー・ライリーの「サン・リングズ」は、NASAの依頼で作曲され、遠い宇宙から採取された音と弦楽四重奏、合唱を融合させ、終曲では「ひとつの地球、ひとつの人類、ひとつの愛」を謳いあげる地球讃歌ともいえる全10楽章の大作です。

 神奈川県立音楽堂は、感染が拡大し世界中で先が見えない今だからこそ、多くの人と共有すべきこの音楽を伝えたいと、クロノス・クァルテットに協力を仰ぎ、この特別なセッションの実現にいたりました。来日公演で共演を予定していた合唱団やえ山組とクロノス・クァルテットが、「サン・リングズ」の中から、平和への強い願いがこめられた楽章を選び、アメリカと日本それぞれで演奏収録し、ひとつにあわせる「スぺシャル・セッション映像」を創造します。

 完成した映像は、「サン・リングズ」全曲を日本初演するはずだった2020年10月3日(土)神奈川県立音楽堂のスクリーンで公開。さらに当初来日公演プレ・イベントとして別会場で予定していた〈街なかトークカフェ〉も音楽堂に移し同日に実施します。今年2月アメリカに渡り、テリー・ライリーとクロノスのリーダー、デイヴィッド・ハリントンの取材をした松山晋也と、音楽堂〈街なかトークカフェ〉ナビゲーターを務める田中泰が、クロノス・クァルテットとテリー・ライリーの音楽の魅力を語り「サン・リングズ」スペシャル・セッションを盛り上げますクロノス・ファン必見、必聴の時空を超えたセッションにご期待ください!

神奈川芸術プレス 巻頭インタビュー CREATOR'S VOICE-1


巨匠、テリー・ライリー氏。クロノス・クァルテットのデイヴィッド・ハリントン氏とともに両者の出会いと歴史、そして名曲「サン・リングズ」について語っています。(取材・文:松山晋也)

最新アルバム『テリー・ライリー「サン・リングズ(SUN RINGS)」』
(NONESUCH 7559.792586/ワーナー・ミュージック ジャパン)


第62回グラミー賞<最優秀アルバム技術賞クラシック部門(The Best Engineered Album, Classical)>受賞!

やえ山組 公式ブログ
やえ山組 公式Twitter
やえ山組 公式YouTubeチャンネル

音楽堂でクロノス・クァルテットとの共演映像を収録する合唱団やえ山組

JR桜木町駅から無料シャトルバス運行!

音楽堂主催公演では、開場・開演時間にあわせ、JR桜木町駅前のバスターミナルより音楽堂への無料シャトルバスを運行しています。乗り場等詳細についてはこちらをご覧ください(現在ロープウエイ駅舎工事囲いがあり、周辺の様子が変わっておりますのでご注意ください)。本公演用の桜木町発車時間は下記のとおりです。(①と②のバスは開場前に音楽堂に到着します)

①15:55 ②16:10 ③16:25 ④16:40


神奈川県立音楽堂における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みとご来場のお客様へのお願い

体調不良・感染予防などのため、音楽堂主催公演にご来場いただけないお客様へのご案内

出演

映像出演:クロノス・クァルテット 合唱団やえ山組 合唱指揮:岩本達明
トーク出演:松山晋也(音楽評論家) ナビゲーター:田中 泰(日本クラシックソムリエ協会理事長)

プログラム

Ⅰ:街なかトークカフェ・音楽堂編 スペシャル・トーク
Ⅱ:テリー・ライリー「サン・リングズ」より スペシャル・セッション映像公開
  第5楽章:アース・ホイッスラーズ Earth Whistlers*
  第8楽章:プレイヤー・セントラル Prayer Central*
  第10楽章:ワン・アース ワン・ピープル ワン・ラブ One Earth, One People, One Love
 * 印=合唱団 やえ山組共演

※8月28日現在の予定です。やむを得ない事情により変更されることがあります。

プロフィール

クロノス・クァルテット KRONOS QUARTET
 サンフランシスコ出身のクロノス・クァルテットは、結成から 45 年間にわたり、弦楽四重奏団としての可能性を追求する意志と、大胆に探求していく精神とを併せ持って活動してきました。
 その中で、クロノス・クァルテットは世界で最も有名で影響力のあるアンサンブルの 1 つとなり、これまでに数千回にわたるコンサートを行い、60 タイトルを超えるアルバムをリリース、そしてさまざまなジャンルの要素が融合した作曲家やアーティストたち-20 世紀音楽の作曲家たち(バルトーク、ウェーベルン、シュニトケ等)、コンテンポラリーな作曲家たち(リゼー、マルティノフ、ヴレバロフ等)、ジャズ・レジェンド(ミンガス、エヴァンス、モンク等)ロック・アーティスト(ジミ・ヘンドリックス、ピート・タウンゼント、
シュガー・ロス等) 、そしてマルチ・メディアのアーティスト(ローリー・アンダーソン、トレヴァー・パグレン等)と、弦楽四重奏のための 1,000 以上のレパートリーの創作、演奏、録音などを行っています。
 クロノス・クァルテットは、これまでに 2 回のグラミー賞、世界的に名高い「ポーラー・ミュージック賞」や「エイブリー・フィッシャー賞」 、 「WOMEX (World Music Expo) アーティスト賞」などを含む 40 以上の賞を受賞しています。
 彼らが創設した非営利団体クロノス・パフォーミング・アーツ・アソシエーション(Kronos Performing Arts Association)は、新作の委嘱、コンサート・ツアー、サンフランシスコやカリフォルニア州でのシーズン・コンサート、教育プログラム、 「クロノス・フェスティバル」の自主制作など、クロノス・クァルテットのあらゆる活動をサポートしています。
 2015 年、クロノス・クァルテットは「未来のための 50 曲 Fifty for the Future:The Kronos Learning Repertoire」を立ち上げました。これは、次世代のための弦楽四重奏のコンテンポラリーなレパートリーを委嘱し、その楽譜や音源、作曲者のコメント、映像などを無料で使用できるという、世界でも最初の教育的でレガシーなプロジェクトです。

合唱団やえ山組 Chor YAEYAMA-Gumi
2009年に「やえいシンガーズ」と「広域指定合唱団青山組」のジョイントコンサートプロジェクトとして始まる。2017年に団体名を統合し「合唱団やえ山組」として活動を始める。定期演奏会を活動の中心に据えながら、コンクール参加、海外団体の日本公演歓迎演奏など精力的な音楽活動を行っている。2018年全日本合唱コンクール金賞及び北海道知事賞受賞。2019年の全日本合唱コンクールではオーケストラ付きで出場するなど、既存の枠組みにとらわれない試みに挑戦し続けている。

チケット発売

08月21日 : 一般発売

料金

全席自由:2,000円
車椅子席:2,000円(付添1名無料)*所定の車椅子スペース・枚数限定


チケットぴあ https://t.pia.jp Pコード 187-206
イープラス https://eplus.jp
ローソンチケット https://l-tike.com  Lコード 33769

託児サービス

現在託児の受付を停止しております(2020.08.14 記)

実施にあたり

神奈川県立音楽堂では、主催公演の実施にあたって新型コロナウイルス感染予防・感染拡大防止の取り組みをいたします。お客様にはご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。
なお、今後の感染状況、政府及び神奈川県の方針等により、公演実施や感染防止対策の方針が変更となる場合は、随時、音楽堂オフィシャルウェブサイト、SNS等でお知らせいたします。

お問い合わせ

神奈川県立音楽堂  045-263-2567(9:00~17:00 2020年8月31日まで休館)

主催

神奈川県立音楽堂[公益財団法人神奈川芸術文化財団]

あなたにオススメの公演


  • クロノス・クァルテット「サン・リングズ」©Wojciech Wandzel

  • 合唱団 やえ山組

  • テリー・ライリーと松山晋也【2020年2月カリフォルニア取材にて】

  • 田中泰(日本クラシックソムリエ協会理事長)

  • クロノス・クァルテット「サン・リングズ」©Wojciech Wandzel
  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme
  • 音楽堂 ほぼ毎日日記アーカイブ