公演情報

クラシック

音楽堂ヘリテージ・コンサート Ongakudo Heritage Concert

コンスタンチン・リフシッツ ピアノ・リサイタル〈ベートーヴェンへの旅〉 「悲愴」
Konstantin Lifschitz, Piano Recital
The Complete BEETHOVEN "Piano Sonatas"
Ongakudo Heritage Concert

公演日時: 2021年05月01日(土) 15:00開演 (14:30開場)  

2020年ベートーヴェン・イヤーの『ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全曲チクルスの夢』がいよいよ結実!首都圏7会場での一大プロジェクト!

2020年のベートーヴェン・イヤー。首都圏8会場で、若き巨匠、リフシッツが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲を弾き切るというプロジェクトが注目を集めました。新型コロナウイルス感染拡大のため海外アーティストの来日が制限され、おしくも実現できなかったこのプロジェクトが、いよいよ今年再度の挑戦の機会を得ます。

曲の背景や構造など、リフシッツが一つ一つを考え抜いて決めたプログラム。音楽堂でお届けするのは、昨年同様「悲愴」を中心にした味わい深いレパートリーです。今年こそリフシッツとともに、ベートーヴェンへの旅にお出かけください。2021年春からの新シリーズ「音楽堂ヘリテージ・コンサート」のお得なセット券も発売いたします。いずれおとらぬピアノの巨人たちの超絶演奏を聴き比べてみたい方はぜひどうぞ!

2020年ベートーヴェン・イヤーの際、リフシッツが「神奈川芸術プレス」に音楽堂プログラムや「ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ・チクルス」への思いを語った巻頭インタビュー


2021年春からスタートする<音楽堂ヘリテージ・コンサート>

開館以来多くの名手が訪れ「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」となってきた音楽堂で、次世代につなぐ人類の至宝(ヘリテージ)となりうる名手たちによる音楽の真髄を、主催、共催とりまぜておとどけする2021年春からの新シリーズです。お得なセット券も発売。ぜひ「木のホール」の美しい響きで、世界一流の音楽をお楽しみください。

<2021年度ラインナップ>

Ⅰ. 4/9(金)オリ・ムストネン ピアノ・リサイタル
Ⅱ. 5/1(土)コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ)ベートーヴェンへの旅「悲愴」
Ⅲ. 8/29(日)アンサンブル・アンテルコンタンポラン
Ⅳ. 9/18(土)プラハ・フィルハーモニア管弦楽団
Ⅴ. 9/26(日)イ・ムジチ合奏団
Ⅵ. 11/27(土)ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル
Ⅶ. 12/24(金)ゲルハルト・オピッツ ピアノ・リサイタル

<お得なセット券> 発売日、価格の詳細は下記チケット欄をご覧ください。

●年間セット券 Ⅰ~Ⅶ 全7公演 豊かな響きで多彩な室内楽の醍醐味を1年通してお愉しみ下さい!
●ピアノセット券 Ⅰ,Ⅱ,Ⅵ,Ⅶ 4公演 いずれおとらぬピアノの巨人たちの超絶演奏をお聴き比べ下さい!
●アンサンブルセット券  Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 3公演 各分野で究極のアンサンブルを聴かせる世界一流の演奏をどうぞ!


<開場・開演に合わせてJR桜木町駅から無料シャトルバス運行>

予約不要・運賃無料でJR桜木町駅前バスターミナルからシャトルバスを運行しています。乗り場はこちらをご覧ください。公演によって運行時間は違います。本公演の桜木町駅発車時間:①13:55 ②14:10 ③14:25 ④14:40 *①②のバスは開場前に音楽堂に到着します。


ご来場前に必ずお読みください。

神奈川県立音楽堂における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みとご来場のお客様へのお願い

出演

コンスタンチン・リフシッツ (ピアノ)
Konstantin Lifschitz, Piano

プログラム

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第2番 op.2-2 イ長調
Ludwig van Beethoven: Piano Sonata No.2, op.2-2
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第7番 op.10-3 ニ長調
Ludwig van Beethoven: Piano Sonata No.7, op.10-3
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第12番 op.26 変イ長調「葬送」 
Ludwig van Beethoven: Piano Sonata No.12, op.26
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 op.13 ハ短調「悲愴」
Ludwig van Beethoven: Piano Sonata No.8, "Pathetic" op.13

※都合による曲目等の変更の可能性はございます。予めご了承ください。

プロフィール

コンスタンチン・リフシッツ (ピアノ)
Konstantin Lifschitz, Piano

 1976年ウクライナのハリコフ生まれ。5歳で名門グネーシン特別音楽学校に入学、名教授ゼリクマンの感性豊かな指導を受けた。13歳でリサイタルを行い、この時のライヴCDが95年のドイツ・エコー・クラシック最優秀新人賞を獲得。90年に国内外での演奏活動を開始。指揮者のスピヴァコフに認められ、モスクワ・ヴィルトゥーゾの演奏会および 91年の日本ツアーにソリストとして参加した。その後もスピヴァコフ指揮モンテカルロ響との共演、テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルグ・フィルとのヨーロッパツアーなどに参加した。94年、グネーシン特別音楽学校の卒業記念リサイタルで、バッハのゴルドベルク変奏曲を演奏。この曲のCDは96年米国グラミー賞にノミネートされた。リフシッツはリサイタルや世界主要オーケストラとの演奏活動を重ねる一方、クレーメル、ヴェンゲーロフ、コパチンスカヤ、マイスキーなどと共演している。96年にはアルゲリッチの代役としてクレーメル、マイスキーからも指名され、ショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲を熱演。ウィーンデビューを飾るとともにその後1ヶ月にわたるヨーロッパツアーにも同行し大成功を収めた。
 98年、東京で開催されたショスタコーヴィチ・フェスティバルにおいてロストロポーヴィチ指揮新日フィルと共演。ロストロポーヴィチは翌年のシカゴ響定期演奏会にリフシッツを招いた。近年はサンクトペテルブルグ・フィル、ベルリン響、シュトゥットガルト放響と共演するほか、ロンドンのウィグモアホールをはじめとする世界有数のホールでのリサイタルや、リール音楽祭への出演、ラインガウ音楽祭での「バッハ・チクルス」を行っている。日本でも2010年、バッハ「ゴルトベルク変奏曲」、12年「フーガの技法」15年「平均律1巻&2巻」「音楽の捧げもの」を演奏し、絶賛されている。

チケット発売

01月26日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
02月20日 : 一般発売

料金

<全席指定・税込み>
単独券 
S席 5,000円 
A席 4,500円 
シルバー(65歳以上・枚数限定) 4,500円 S席より選択可*
U24(24歳以下・枚数限定)2,500円 S・A席より選択可*
高校生以下(枚数限定) 0円 要事前予約・発券手数料はかかります。*
車椅子席S席 5,000円(付添席1名無料)*

◎音楽堂ヘリテージ・コンサート セット券(各公演の一般券またはS席のお得なセット。公演ごとに座席指定)*
年間セット券(シリーズ全7公演) 43,000円 ← 47,500円のところ
ピアノセット券(ムストネン/リフシッツ/プレトニョフ/オピッツの全4公演) 19,500円 ← 21,500円のところ

●単独券 一般発売 2月20日(土)10:00
●音楽堂ヘリテージ・コンサート 年間セット券 ピアノセット券 
KAme会員先行予約 1月26日(火)先行予約 1月28日(木)一般発売

シルバー・U24・高校生以下・車椅子・音楽堂ヘリテージ・コンサートセット券はチケットかながわのみにて取り扱い


お問い合わせ

神奈川県立音楽堂(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)  045-263-2567(9:00-17:00 月曜休館)

主催

神奈川県立音楽堂(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)

あなたにオススメの公演


  • (c)Naoya Ikegami
  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme
  • 音楽堂 ほぼ毎日日記アーカイブ