« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月 アーカイブ

2007年06月20日

「ギドン・クレーメル&クレメラータバルティカ」公演後記

晴女を自称するプロデューサーの念力で!?
天気予報を裏切る、本当に梅雨入りしたのか?と疑いたくなるような快晴の土曜日。
満員のお客様をお迎えし、「ギドン・クレーメル&クレメラータバルティカ室内管弦楽団」公演が行われました。
NHK.jpg



当日はNHKのカメラも6台入りました。
(演奏会の模様は、8月3日の3チャンネル芸術劇場で放映予定です。)

%E8%A1%8C%E5%88%97.jpg演奏はもちろんですが、「さすが」と感心してしまったのはこの行列。
皆さんクレーメル氏のサインを求めるために並んでいました。
近年行われた音楽堂公演でも最も長い列だったかも知れません。

%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%AB.jpg%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%AB%EF%BC%92.jpg








一人ひとり丁寧にサインをするクレーメル氏。ライム色のシャツが素敵でした。
日本の男性はなかなか着ない色ですよね。

%E8%8A%B1%E9%81%93.JPG楽屋への出入り口からメンバーが乗り込むバスまで花道が出来たのも、
滅多に見ない光景でした。







この公演で第14回神奈川国際芸術フェスティバルも閉幕です。
音楽堂での3公演はすべて完売でした。
この場を借りてお礼を申し上げます。(花)

追記
読売新聞6月19日付夕刊に公演評記事が掲載されました。

2007年06月12日

ふれあいプログラム

7月28日に音楽堂でコンサートが行われる「吉田恭子&フレンズ」は、ヴァイオリニストの吉田恭子さんが2003年からスタートした「学校訪問ふれあいプログラム」「ホールでのコンサート」そして、地域作業所で作られた作品を販売する「ふれあいマーケット」の3つからなるプログラム。
昨日(6月11日)はその一つ「学校訪問ふれあいプログラム」のため西湘地域に行ってきました。

fureai1.jpghureai2.jpg







午前中はさまざまな障害を抱える子どもたちが通う県立小田原養護学校の体育館での、手拍子や足拍子によるボディーパーカッション、また生徒にも演奏に参加してもらったり、ヴァイオリン体験プログラムもありました。
特にヴァイオリン体験は耳のすぐそばで音が鳴り響くことに、驚いたり戸惑ったり…
体験を希望する生徒が続出しました。
出演者の3人も弾き方を教えるので一生懸命。
体育館の温度もぐっと上がりました。


fureai3.jpgfureai4.jpg







午後は南足柄市立岩原小学校の音楽室で6年生の皆さんに、より近くで生演奏を聞いてもらいました。
恒例のボディーパーカッションの他
生徒には1ポイントレッスンの後、演奏に参加してもらいました。
プロの演奏家とのジョイントはどんな気分だったのでしょうか?
最後は全員でBelieveを合唱しました。

子どもたちの笑顔が私たちへのご褒美です。(花)

2007年06月06日

掃部山公園のアジサイ

IMG_7593_edited-1.jpgIMG_7594_edited-1.jpg







IMG_7602_edited-1.jpgIMG_7606_edited-1.jpg







IMG_7612_edited-1.jpg
桜の名所で知られる掃部山公園公園ですが、今の季節アジサイが綺麗に咲いています。
昼の公演にお出かけの際は、是非お散歩してみてください。(花)

「クラシックな休日を♪in 音楽堂」公演後記

快晴の日曜日♪
「クラシックな休日を♪in 音楽堂」公演は、のだめカンタービレでおなじみの曲も演奏されるとあってか、満員のお客様をお迎えいたしました。
終演後のアンケートを見ると、山下洋輔さんの「ラプソディー・イン・ブルー」に皆さん感激されていたようです。

当日は試みとして、開場に合わせフォワイエでハープの演奏をいたしました。
開演前のひととき、皆さん楽しく過ごしていただけたましたでしょうか?
IMG_7577_edited-1.jpg











ハープの音色が午後の柔らかい陽射しにとても似合っていました。(花)

2007年06月02日

シュナイト音楽堂シリーズNHK教育テレビで放映

神奈川県内唯一のプロ・オーケストラ「神奈フィル」
音楽堂では神奈フィルの音楽監督であるハンス=マルティン・シュナイト氏が指揮する
「シュナイト音楽堂シリーズ」公演が行われています
今日はオーケストラの取材にNHKのカメラが6台も入りました!
この様子はNHK教育テレビで放映されますので、是非ご覧ください(花)
20070602149.jpg20070602150.jpg











20070602158.jpg20070602163.jpg








7月29日(日)21時ー22時
「オーケストラの森 神奈川フィルハーモニー管弦楽団」

2007年06月01日

昭和29年の音楽堂スクラップブックから(1)

P5180001.jpg今を去ること53年ほど前、昭和29年11月4日に行われた音楽堂落成記念式典では、当時の内山知事の挨拶、そして高松宮さまや大達文部大臣など、お歴々の方々からたくさんの祝辞を賜ったと音楽堂略史にはあります。そのなかで印象的なのが当時の横浜市長平沼亮三氏のスピーチだったようです。









P5180002.jpg平沼氏は声が小さく、かつしわがれ声であることは周知のことでしたが、当日のスピーチはそのような声であったにもかかわらず、この音楽堂のすばらしい音響設計のおかげですみずみまで響き渡ったと音楽評論家野村光一氏による朝日新聞のコラムにあり、また、神奈川新聞の県内10大ニュース(昭和29年12月31日)の中でも「平沼市長のあの声がきこえたというので一つの話題をうむ」とあります。実際はどのような祝辞だったのでしょう。
今はあまり使わない形容詞ですが、まさに東洋一の音楽ホールとして君臨していた音楽堂。近年、たくさんのすばらしい音楽ホールが建設されていますが、今日も音楽堂の美しい響きは健在です。これからもたくさんのプログラムをご用意しています。ぜひこの響きをお楽しみに足をお運びください。(ぺ)

About 2007年06月

2007年06月にブログ「音楽堂ほぼ毎日日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年05月です。

次のアーカイブは2007年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34