公演後記 | 「ふれあいコンサート」公演後記 ≫

「ギドン・クレーメル&クレメラータバルティカ」公演後記

晴女を自称するプロデューサーの念力で!?
天気予報を裏切る、本当に梅雨入りしたのか?と疑いたくなるような快晴の土曜日。
満員のお客様をお迎えし、「ギドン・クレーメル&クレメラータバルティカ室内管弦楽団」公演が行われました。
NHK.jpg



当日はNHKのカメラも6台入りました。
(演奏会の模様は、8月3日の3チャンネル芸術劇場で放映予定です。)

%E8%A1%8C%E5%88%97.jpg演奏はもちろんですが、「さすが」と感心してしまったのはこの行列。
皆さんクレーメル氏のサインを求めるために並んでいました。
近年行われた音楽堂公演でも最も長い列だったかも知れません。

%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%AB.jpg%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%AB%EF%BC%92.jpg








一人ひとり丁寧にサインをするクレーメル氏。ライム色のシャツが素敵でした。
日本の男性はなかなか着ない色ですよね。

%E8%8A%B1%E9%81%93.JPG楽屋への出入り口からメンバーが乗り込むバスまで花道が出来たのも、
滅多に見ない光景でした。







この公演で第14回神奈川国際芸術フェスティバルも閉幕です。
音楽堂での3公演はすべて完売でした。
この場を借りてお礼を申し上げます。(花)

追記
読売新聞6月19日付夕刊に公演評記事が掲載されました。

About

2007年06月20日 13:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ふれあいプログラム」です。

次の投稿は「今日は防災訓練」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34