« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月 アーカイブ

2008年03月28日

掃部山の桜

IMG_1102.jpg













音楽堂の裏手にある掃部山(かもんやま)公園は、この時期全体が桜でピンク色に覆われます。
IMG_1151a.jpg
桜の向こうにランドマークタワーが見えるのは、この場所ならでは。















IMG_1150a.jpg今年はフェスティバルの懸垂幕も桜色。
私は、幕の向こうに桜が見えるこの景色が好きです。








いよいよ春本番!見頃もピークを迎えました。
夜桜見物も出来る掃部山公園ですが
ゴミや路上駐車が見られるのが残念です…
皆さんルールを守ってお花見を楽しんでくださいね。(花)

2008年03月26日

tvkに出演!

%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E5%9C%A7%E7%B8%AE.jpg
















本日(3月26日)テレビ神奈川ハマランチョにて、第15回神奈川国際芸術フェスティバルの告知をさせていただきました。
ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、放送ではラ・プティット・バンドが奏でるヴィヴァルディの四季を流し、古楽器の紹介をしました。注目は、肩に掛けて演奏するチェロ「ヴィオロン・チェロ・ダ・スパラ」です。奥深く、深い森の空気を感じる様な音色なので、生で皆さまにも聴いて頂きたいと思います!
いよいよ近づいてきた春のフェスティバル。音楽堂へお出掛けください。(花)

2008年03月25日

春休みの吹奏楽部コンサートラッシュ♪

毎年、3月下旬から断続的に4月の終わりまで、音楽堂では近隣の中学校や高校の吹奏楽部(ブラスバンド部)による演奏会が数多く開催されます。15日の横浜市立東永谷中学校吹奏楽部に続き、23日は県立翠嵐高校吹奏楽部の第36回定期演奏会が開催されました。

本番に向けたゲネプロの様子
%E5%85%A8%E4%BD%93.jpgパートごとにテーマを決めて仮装した高校生たち。かっちりとした演奏が繰り広げられています。









次の出番に向けて控え室へ
%E5%BE%8C%E3%82%8D%E5%A7%BF%EF%BC%91.jpg%E5%BE%8C%E3%82%8D%E5%A7%BF2.jpg%E5%BE%8C%E3%82%8D%E5%A7%BF3.jpg%E5%BE%8C%E3%82%8D%E5%A7%BF4.jpg





さあ、練習の成果を発揮する楽しいステージの始まりです。

今後もいろいろな“ブラバン”が登場します。

3月25日(火)県立横浜平沼高校吹奏楽部第31回定期演奏会
26日(水)県立川和高校吹奏楽部第35回記念定期演奏会
27日(木)第28回横浜市立希望が丘中学校吹奏楽部定期演奏会
28日(金)第42回聖光学院中学校高等学校吹奏楽部チャリティーコンサート
29日(土)横浜市立神奈川中学校吹奏楽部第25回スプリングコンサート
30日(日)県立氷取沢高校吹奏楽部第19回定期演奏会
4月 1日(火)県立鶴見高校吹奏楽部第29回定期演奏会
18日(金)捜真女学校ブラスバンド部第20回定期演奏会
27日(日)県立横浜平沼高校第53回定期演奏会(こちらはオーケストラ部です)
29日(火祝)浅野学園吹奏楽部第40回定期演奏会

どの公演も無料での開催です。皆様お誘い合わせの上お越しください。なお開演時間はそれぞれ異なりますのでご確認ください。(桐)

2008年03月19日

フェスティバルの懸垂幕を設置しました

そろそろ陽気も春らしくなってきたこの頃ですが、今日は間もなく始まる神奈川国際芸術フェスティバルの懸垂幕を設置する作業が行われました。
flag1.jpg










まずは、青少年センター駐車場の始まりから音楽堂までの水銀灯に高所作業車で旗を取り付けます。
flag2.jpg










この設置が終わったところで、音楽堂の外壁に作業車を寄せて…
kensui1.jpg










sao1.jpg










これが、懸垂幕の上下を支えるパイプです。このパイプを幕の上下にさしこんで、
kensui2.jpg









こうやって、徐々に懸垂幕を下ろして…
kensui3.jpg










kensui4.jpg










kensui5.jpg










kensui6.jpg









左右の高さの微調整を行い…
kensui7.jpg









完成です。
音楽堂も少し華やかな春の装いになりました。ちなみにフェスティバルの三公演、おかげさまで「クラシックなジャズナイト」は完売、「アルバンベルグ四重奏団」「ラ・プティット・バンド」も好評発売中です。是非お誘いあわせの上皆様のお越しをお待ちしています。(ぺ)

2008年03月16日

音楽堂のウラガワ

日々たくさんのお客様にお越しいただいている音楽堂ですが、その内部にはさまざまな設備があり、音楽堂の機能をまさに「ウラガワ」から支えております。その一つが舞台下手側4階にある消防用水槽です。
%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF%E5%A4%96%E8%A6%B3.jpg











この水槽には約2トンの水が常時溜まっており、火災発生時には館内の消火栓に水を供給することになっています。
%E8%93%8B%EF%BC%92.jpg










客席から見るとちょうどこのあたりの壁の内側にこの水槽が鎮座しています。
%E5%AE%A2%E5%B8%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF.jpg










いつもお座りになっている客席の上にたっぷり水が溜まっているなんて…すこし空恐ろしい感じを受けられるかもしれません。
とはいえ、常に念入りに点検整備を行っておりますので、ご心配には及びません(笑)。安心して催し物をお楽しみ下さい。(ぺ)

2008年03月08日

ハワイ王国カラカウア王と紅葉坂

『オルフェオ』以降ちょっと滞っておりました…
すみません。
今日は音楽堂周辺の小ネタでも。

私はとてもHAWAIIが好きなので横浜とHAWAIIの関係については若干知っていたのですが、最近意外な事実を知りました。
1881(明治14)年3月4日、ハワイ王国のカラカウア国王が世界一周の途中、横浜港に到着したのは皆さんご存知でしょうか?
石井研堂著『明治事物起原』はこれを“外国元首来朝の始め”と記しています。
随員アームストロングがまとめた世界周航記『カラカウア王のニッポン仰天旅行記』によると、国王を乗せたオセアニック号が入港するや、港内のロシア・イギリスなどの軍艦が一斉に礼砲を放ち、上陸の際には、軍楽隊がハワイ国歌を演奏して一行を迎えたそうです。

で、このときのカラカウア王が宿泊したのが音楽堂の向かいにあった宮崎町の伊勢山離宮でした。
私の毎日上っているこの急な紅葉坂を、ハワイの国王が馬車で上がってきたのですね。
これには、ちょっと驚き&感激。
この来日には、日本史では教えてくれない面白い?話もあります。
日本とハワイを行き来するのにパスポート不要だったかも…
興味がある方は調べてみてくださいね。(花)

シュナイトさんの椅子

%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E6%A4%85%E5%AD%90.jpgこれ、何だかお分かりになりますか?
シュナイト音楽堂シリーズ(今日(3月8日)は第13回)でお馴染み、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督であるハンス=マルティン・シュナイト氏が指揮する際に座っている椅子です。
ちなみにこの椅子、シュナイト氏のMy椅子だそうです。
1930年生まれの77歳。(お誕生日は12月6日)
さすがに長い演奏時間を立って指揮をされることはありませんが、その豊かな表情はまさに「カワイー♪」そのものです。
シュナイト氏の指揮は、決して派手ではありませんが、聴けば聴くほど音楽を聴く歓びを与えてくれる指揮者という気がします。
2003年から始まったこのシリーズ。クラシカルな音楽堂の響きとぴったりな企画だと思っています。
次回からは「シューマン・シリーズ」と題して4月5月6月と3公演行われます。
是非音楽堂へお出掛けください。(花)

シュナイト音楽堂シリーズVol.14「シューマン・シリーズ」
4月12日(土)15時開演
交響曲第1番「春」 ほか

About 2008年03月

2008年03月にブログ「音楽堂ほぼ毎日日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年02月です。

次のアーカイブは2008年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34