« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月 アーカイブ

2013年01月19日

 「中国の音でお正月!」無事終わりました。

photo.JPG



















すでに立春を過ぎてしまいましたが、ニューイヤー・コンサートのご報告です。

去る1月19日、中国の二胡奏者、姜建華(ジャン・ジェンホワ)さんとその仲間たちが、お正月らしく華やかでエネルギーあふれる曲の数々を演奏してくださいました。

まず冒頭。ドラの音も高らかに“中国獅子舞”が登場!新年にふさわしく景気の良いリズムとともに舞台上から”ひらり”と客席に着地。客席のお客様を”噛み”回りました...。噛まれた方はとてもラッキーですよ! (^。^) ♪福♪福♪福♪ (^。^) 羊も頭を差し出して噛んでいただきたかったよぉ~。うらやましー。

%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg


















演奏は『花好月圓』(「円満で仲睦ましい」という意味だそうです)ではじまり、ジャンさんの楽しいトークをはさみながら進みます。曲目ごとに照明も変化し、中国伝統楽器のさまざまなテクニックと音色が音楽堂に響きました。当然ながら、曲名はすべて漢字。お客様はその漢字一文字一文字の意味をかみしめながら、悠々と広がる大陸の風景をイメージしていたかもしれませんね...。

%E6%BC%94%E5%A5%8F%EF%BC%83%EF%BC%92.jpg


















休憩時、横浜中華学校交友会国術団の皆さんの中国獅子舞がホワイエに参上!お客様でごった返しているホワイエを、”するり、するり”と抜けながら舞って(噛んで)くださいました。中華街に行かないとなかなか見られない獅子舞を目の当たりにして、皆さん写メしすぎですよぉ~~~~(笑)

%E4%BC%91%E6%86%A9%EF%BC%83%EF%BC%92.jpg





















休憩後は、新春特別共演から。日本の楽器“箏”と中国の楽器“二胡”の合奏で、あの名曲、宮城道雄の『春の海』が奏でられました。筝の演奏は国内外で活躍する西 陽子さん。ジャンさんのエネルギッシュな二胡と、西さんの凛とした箏とが、寄り添ったり、対話したり、楽しげに競いあったり…そのやり取りはを聴いていると、砂浜と磯が広がる波穏やかな場に、“羊”が座っているかのような感じでした。
%E5%A7%9C%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%86%E8%A5%BF%E3%81%95%E3%82%93.jpg


















楽しい演奏会もアッと言う間に終了!お客様からの拍手にこたえ、アンコール曲は、モンゴル遊牧の人たちが祭りの日に大草原で行われる競馬の様子を描いた「競馬」(黄海懐作曲)でした。そのまま馬にまたがり、何処か遠くに行ってしまいたいような気になる曲でした。ありがとうございました!  (飛ぶ羊)

また、羊の独り言......日本の正月は1月1日からですが、中国の正月(春節)は陰暦ですので毎年変わり、今年は2月10日から始まるそうです。正月は、日本と同じく家族が集い、家族全員が一緒に餃子(そういえば“食”に“交”と書きますねぇ~)を作るの習わしのようです。正月の大切な期間に家族とともに過ごし、新しい年を迎える...音楽堂スタッフ一同、今回演奏会に来られた皆さんにとって今年が良い年でありますよう、心から願っております。


2013年01月16日

ふれあいアウトリーチ@県立瀬谷養護学校 (^_^)v

私ども音楽堂の重要なミッションの一つとして、コンサート・ホールに来て音楽を楽しむことが困難な子供達に音楽を届ける、ということがあります。この目的で、県立養護学校まで出向いてミニ・コンサート(+楽器体験)を行う「ふれあいアウトリーチ」を平成18年度より行っており、毎年県内の養護学校を2校づつ訪問しています。この事業により、平成23年度までに16校約3000人の子どもたちが音楽の体験をしました。

さて、今年度最初のコンサートとして、パーカッションニストの神田佳子さん、平野有希子さん、若鍋久美子さんとご一緒に、神奈川県立瀬谷養護学校を訪問しました。瀬谷養護学校は昭和46(1971)年1月1日に、神奈川県最初の県立知的障害養護学校として設置され、小学部から高等部までの児童生徒約320人が学んでいます。

今回は、午前中に小学部の児童生徒の部と中学部の児童生徒の部と分けて演奏(+体験)会を行いました。
子ども達は、目の前で奏でられる生の音楽に皆聴き入っていました。特に子供たちが気にいっていた曲は、高校野球の応援歌や吹奏楽曲として定番となっている「エル・クンバンチェロ(スペイン語で“太鼓をたたいてお祭り騒ぎをする人々”)」と、ロシア人作曲家アラム・ ハチャトゥリアンのバレエ「ガイーヌ」の最終幕で用いられる楽曲「剣の舞」でした。
いずれもとってもエネルギッシュな曲で子供達もノリノリ。
また、体験コーナーでは、カエルの木魚の合奏やスイス・カウベルやドラムをたたきました。色々な打楽器に触れ、楽器が発する色々な音を体験してもらいました。皆どうだったかなぁ~?
アンコールは子どもたちの大好きな「さんぽ」が演奏され、子どもたちが一緒に歌ってくれました。中には嬉しすぎて飛び跳ねちゃった子も多数!

%E6%BC%94%E5%A5%8F1.jpg






















演奏会のお礼として、子供たちから手作りの石鹸をいただきました。とっても綺麗でいいにおいがする石鹸です。音楽堂で使わせていただきますね。ありがとう!

photo%5B2%5D.jpg


















そして、今回も素晴らしいアウトリーチにしてくださった神田佳子さん、平野有希子さん、若鍋久美子さんありがとうございました。とっても楽しいアウトリーチでした。

%E6%BC%94%E5%A5%8F%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%82%93.JPG























今日も沢山の子供たちに音楽の楽しさを伝えることが出来たことに満足...と、思いきや、目の前に大根が干してある農家が、しかもそこには無人販売所が!美味しそうな沢庵を見てお腹がなってしまった羊でございました...。失礼いたしました。

1月31日(木)に神奈川県立平塚盲学校にお邪魔しまぁ~す。 (飛ぶ羊)

2013年01月10日

盲導犬研修が音楽堂でありました。(^^♪

ちょっと遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年も、“神奈川県立音楽堂”と“飛ぶ羊”をよろしくお願いいたしまする。

聞くところによると、巳年の年は統計的に“寒い”とのことでした。近頃、朝お布団から出るのがつらい羊でございますが、皆様はいかがでしょうか???

今回は、先週音楽堂で行われました盲導犬セミナーについての報告です。盲導犬を連れていらっしゃったお客様をどのように席にお連れするのか、また全盲の方を劇場内でどのようにご案内するのかを、公益財団法人日本盲導犬協会のスタッフの方とPR犬として活躍しているベテラン犬“ビオ”と見習い中の“ヒヨン”が来館。いろいろと教えていただきました。どぉ~考えても、PR犬たちの方が羊よりも偉かったなぁぁぁぁぁぁ。(泣)

%E7%8A%AC.JPG























ヒヨンちゃんお仕事中です!

さて、補助犬(身体障害者補助犬)と聞いて羊が思い浮かぶのは「盲導犬」。ですが、なんと、補助犬には3つの「職種」があることを初めて聞きました。
目の見えない人が街中を安全に歩けるようにサポートする「盲導犬」、音が聞こえない人のサポートをする「聴導犬」、そして手足に障害がある人の日常をサポートする「介助犬」の3種です。彼らは、身体に障害がある人たちの為のサポーターであり、そして「友」として一緒に生活をしているそうです。

また、盲導犬がハーネス(目が見えない人が握るハンドル)が付いているときは「お仕事中」なので、話しかけたり、“じー”と見つめたり、身体に触れたり、食べ物やお水を与えることはご法度だそうです。ただし、ハーネスをはずせば身体に触れたりすることができるそうです。
盲導犬のON・OFFをしっかり把握して対応する必要があることを初めて知りました。勉強、勉強...。

%E8%AA%98%E5%B0%8E%EF%BC%91%20%281%29.JPG%E8%AA%98%E5%B0%8E%EF%BC%91%20%282%29.JPG











研修の後半は、目の見えないお客様をお席やトイレに案内する研修を行いました。
職員が二人一組となって、手引きする側される側を体験。目隠しをして誘導してもらうのですが、目からの情報が全くない状態での移動は、“怖い”の一言でした。座席に座るにしても、トイレの便座に座るにしても、手を使いながらその場の情報を得ることしかできず、目が見えないということの不安を実感するとともに、目の見えないお客様にとって心地よいと思えるような接し方を学ぶことができました。
これからは羊(もちろん音楽堂スタッフ一同です!)も、この体験を生かして、良いご案内となるようがんばります!

障害のある方にとって、少しでもいらっしゃりやすく愛されるホールにしなければと、夕焼け見ながら心に誓う羊でした...。外は寒いよぉ~!  飛ぶ羊

About 2013年01月

2013年01月にブログ「音楽堂ほぼ毎日日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34