メイン

日本の音でお正月! アーカイブ

2012年01月30日

「日本の音でお正月!」終了しました!

初春のひと時を、日本の伝統音楽でお楽しみしていただく“おせち料理的”演奏会、「音楽堂ニューイヤー・コンサート 日本の音でお正月」が1月13日(土)に無事終わりました。前日に雪も降った本当に寒い中、たくさんのご来場ありがとうございました!

%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E6%BC%94%E5%A5%8F.jpg



















ホワイエでは、尺八とお筝の演奏が。お客様に新春の雰囲気を味わっていただきました。新春にふさわしい演奏に心が和みました。いいですね。

%E8%88%9E%E5%88%9D%E5%BC%8F.jpg



















まず最初は、京都の旧家・茂山家の年頭の行事である“舞初式”。舞台中央にいけられた「松」を神様に見立て、茂山家のみなさんが、かわるがわる拝礼し拍手(かしわで)を打っては、謡や小舞を演じていきます。すがすがしく、めでたい感じがどんどん高まります。

次は、日本を代表する作曲家宮城道雄の「春の海」を、尺八とマリンバの編成で演奏。なかなか聞きごたえのある演奏でした。こんなアレンジもあるんだなぁ~と思いました。藤原道山さんとSINSKEさん恐るべし!

%E4%B8%89%E7%95%AA%E4%B8%89%E3%80%80.jpg



















ご存じの方も多いと思いますが、三番叟(大蔵流では三番三と呼ぶのですね!)は天下泰平、五穀豊穣、千秋万歳を寿ぐおめでたい儀式曲『翁(おきな)』のラスト(千歳の舞 ⇒ 翁の舞 ⇒ 三番叟)に舞うものと聞いています。そういえば、羊が初めて三番叟を見たのは、数十年前に富山の山奥で農家を改造した劇場のお祝いに野村万之丞さんが舞っていただいたものでした…仔山羊心に気品と荘重さを備えた儀式なんだなぁ~と感じていました。
   
さて、今回三番三を舞った茂山千三郎さん。なんと、尺八(藤原道山さん)、お囃子(田中傳次郎さん)とマリンバ(SINSKEさん)のハーモニーに合わせて三番三を踏んでいました!千三郎さんがおっしゃっていた「新春に、“むくりむくり”と起き出す地の神様…」という意味が、すごぉ~くわかるような気がしました。皆さんの創造力に大変感銘を受けました。本当に楽しい三番三でした!

%E6%98%A5%E5%BA%AD%E8%8A%B1.jpg



















撮影:青柳聡 

さて、休憩後は、舞楽です。
上演された「春庭花」は、春の庭に花と戯れる様子を表現したものだそうです。笙、篳篥、龍笛、鞨鼓…)の華やかな演奏の中、4人の舞人が輪になり、花のつぼみが開き、また萎んでいく姿をあらわす舞いが印象的で、舞台上に花をしつらえてくださった假屋崎省吾さんのアートと溶け合い、とても華やかな舞台となりました!


西洋音楽で新年を迎えることが感覚的に馴染まない気がする羊にとって、日本の伝統音楽で新年を迎えることは、古き良き日本(ノスタルジックかもしれませんが、羊のご幼少のころの昭和かなぁ~)を思い出させてくれる気がします。
コーヒーや紅茶もいいけど、やっぱりお抹茶が落ち着くなぁ~と思う羊でした。(飛ぶ羊)

2012年01月20日

「日本の音でお正月!」仕込み中。

明日の公演の為に音楽堂スタッフによる舞台の前仕込みと茂山家のみなさん、藤原道山さん、SINSKEさん、田中傳次郎さんの舞台稽古がありました。外はちょ~寒いですが、ホールは熱いです! HOT,HOT,HOT!

%E7%A8%BD%E5%8F%A4.jpg


















只今新作の稽古中!緊張感が漂っています...羊も写真を撮りに、"そろり、そろり”と静かにホール内に潜入しました。

1.JPG

2.JPG



3-1.jpg

4-1.jpg













今回はホワイエでお箏と尺八の演奏があります。新春にふさわしい週末のひと時を“まったり”と過ごしていただければと思います!

日本の伝統芸能で新春を祝う演奏会の雰囲気を是非ライブでお楽しみいただきたく、音楽堂スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております! 当日券もございます!

なお、当日券の発売は13:15です。DON'T MISS IT!!!   (飛ぶ羊)

2012年01月09日

日本の音でお正月!只今仕込中…

小寒に入り、寒さが本格化してまいりましたが、
日は少しずつ伸びてきています。まさに新春。
今年は音楽堂でもニューイヤー・コンサートを企画いたしました。
題して「日本の音でお正月!」。
狂言の茂山家のお正月行事からスタートし、お正月の定番音楽「春の海」そして、
五穀豊穣を祈る「三番三」をモチーフにした新曲、みやびやかな雅楽などなど、
盛りだくさんの《音のおせち料理》です。

特に「三番三」は、狂言、尺八、囃子、そしてマリンバが共演するという前代未聞のステージ。
すでに昨年末、リハーサルを実施して、準備を進めております。
それがこの写真。12月の某日、都内某所にて、何やら打ち合わせ中。

%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%9F%B3%EF%BC%83%EF%BC%91.jpg


















そして、稽古風景はこんな感じ。

%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%9F%B3%EF%BC%832%20%281%29.jpg


















リハーサルを聴いた印象では、
日本の里山の田んぼで、大地の神様が、生きとし生けるものの幸せを祈って舞うという、ほのぼのしたイメージでした。作曲は尺八の藤原道山さん、作調(つまり打楽器パートですね)は田中傳次郎さん。一人クラシック界から参加するSINSKEさんの演奏するマリンバもアジアの響きが滲みます。

%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%9F%B3%EF%BC%832%20%282%29.jpg


















リハーサル後の記念撮影。…イケメンの方々です!

というわけで、皆様のお越しをお待ちしております。
良いお席はお早めに!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

音楽堂ニューイヤー・コンサート「日本の音でお正月!」
1月21日(土)13:30開場/14:00開演 
全席指定 一般4,500円/学生(24歳以下)2,000円

狂  言: 茂山千五郎、茂山千三郎、茂山宗彦、茂山逸平ほか
尺  八: 藤原道山   
マリンバ: SINSKE
囃  子: 田中傳次郎  
舞  楽: 東京楽所
花   : 假屋崎省吾

第一部「音楽堂新春音絵巻(構成・演出 茂山千三郎)」
・茂山家の“舞初式”(『鎧』『三太夫』『京童』『土車』他)
・宮城道雄『春の海』
・『三番三(さんばそう)』に寄せて(新曲・初演)
・狂言『福の神』
第二部「舞楽」
・『春庭花(しゅんでいか)』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

About 日本の音でお正月!

ブログ「音楽堂ほぼ毎日日記」のカテゴリ「日本の音でお正月!」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは当日券情報です。

次のカテゴリは朝のコンサートです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34