音楽堂主催・共催公演のご案内

アンサンブル・ウィーン=ベルリン
Ensemble Wien=Berlin

チラシPDF(2.4MB) 名人たちによる垂涎のアンサンブル  これほど心躍らされるユニットが他にあるだろうか。もはやひとつの大いなる生命体と表現しても差支えあるまい。1983年の結成から30年余、アンサンブル・ウィーン=ベルリンは、メンバー・チェンジを繰り返しながら、名実ともに世界の木管五重奏団のトップ・ランナーとして比類ない活動を展開してきた。これまでのメンバー交代は、あたかも細胞が生まれ変わるように新鮮な息吹を伴いながら、連綿と継承されてきた伝統という名のDNAを次世代に伝え、より鮮烈で、より秀逸な音楽を日々生み出しているのである。  木管五重奏に限らず、室内楽には多彩な方...

  1. 公演日: 2017年09月29日(金)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

音楽堂・伝統音楽シリーズ 聲明「月の光言」

チラシPDF 木のホールで体感する 時代を超える声の伝統   音楽堂伝統音楽シリーズの第二弾は、日本を代表する宗教音楽であり、日本の伝統音楽の源流でもある「聲明(しょうみょう)」の、圧倒的な声の世界をご紹介します。  題して「月の光言(こうごん)」。「光言」とは光明真言(こうみょうしんごん)のこと。真言宗において古来最も重要視される大日如来の秘密心呪で、〈オンアボキャベイロシャノウマカボダラマニハンドマジンバラハラバリタヤウン〉の梵語二十三文字から成ります。  この光明真言普及の先駆者、明恵上人(みょうえしょうにん)が本作品の主役です。明恵上人は、澄んだ心に有明の満...

  1. 公演日: 2017年11月04日(土)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

歌劇「ポッペアの戴冠」(演奏会形式・日本語字幕付)
鈴木優人指揮 バッハ・コレギウム・ジャパン

チラシPDF(3.3MB)  生誕450年を迎えたイタリアの作曲家モンテヴェルディ。ルネサンス音楽からバロック音楽へと時代を大きく動かした巨匠である。県立音楽堂では彼の記念年企画としてまず宗教曲の代表作「聖母マリアの夕べの祈り」を取り上げたが、第2弾として最晩年のオペラ「ポッペアの戴冠」を演奏会形式で上演する。劇的な起伏と変化に富む音楽でもって物語の世界に聴く者をぐいぐいと引き込む傑作で、当時まだオペラ・ジャンル自体が黎明期にあった時期に、こうした圧倒的な表現力を持つ作品を書いたモンテヴェルディの偉大さには驚嘆せざるを得ない。  今回の公演の目玉の一つは八面六臂の活躍で注目され...

  1. 公演日: 2017年11月25日(土)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

第52回クリスマス音楽会「メサイア」全曲演奏会  NEW

クリスマス恒例の公演。 高校生から超ベテランまで世代を越えた大合唱が木のホールに響く!

  1. 公演日: 2017年12月10日(日)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

新春コンサート
<オール・コンチェルトプログラム>
 NEW

プログラムは、現代音楽の巨匠・一柳慧と新進気鋭の作曲家による「協奏曲」のみ! 時代の息吹を体感するユニークなコンサート。 ※詳細は、9月下旬~10月発表予定です。   <プログラム> 森円花作曲「音のアトリウムⅢ~独奏チェロとオーケストラのための~」(2018) チェロ:上野通明 「20歳の頃無我夢中で書き上げた作品。  より強い伝達力をと改訂し、音楽堂でのたった一度きりの熱い化学反応が起こると確信している 」(森 円花)   一柳慧作曲「ピアノ協奏曲第6番《禅ーZEN》」(2016) ピアノ:一柳慧 「自作のピアノ協奏曲では初めて内部奏法を...

  1. 公演日: 2018年01月20日(土)
  • 公演詳細
  • twitter
  • facebook

最近チェックしている公演

  •