彌勒忠史

花柳凜

室内オペラ・プロジェクト『シッラ』関連プログラム レクチャー

日本伝統芸能×オペラ
‟所作とgestualitàでひもとくバロック・オペラ”

神奈川県立音楽堂の室内オペラ・プロジェクト『シッラ』日本初演に先立ち、演出の彌勒忠史によるレクチャーを開催します。

神奈川県立音楽堂 シッラ 関連プログラム レクチャー

日本伝統芸能×オペラ ”所作とgestualitàでひもとくバロック・オペラ”

 

神奈川県立音楽堂の室内オペラ・プロジェクト『シッラ』日本初演に先立ち、演出の彌勒忠史によるレクチャーを開催します。

『シッラ』の演出では日本伝統芸能が重要なコンセプトのひとつとなっています。

バロック・オペラと歌舞伎は、全く異なる文化圏で誕生した舞台芸術であるにも関わらず、成立時期や男性が女性役まで演じることなど、数多くの共通点が見られます。

今回のレクチャー(観客参加コーナーあり)では、ゲストに日本舞踊家の花柳凛さんをお迎えし、日本舞踊の”所作”とバロック・オペラにおける”gestualità”(ジェストゥアリタ:ジェスチャーによる表現)の親和性を手がかりに、バロック・オペラの魅力と『シッラ』演出に歌舞伎の要素を取り込むことの可能性について探ります。

お申し込み

以下のサイト(先着順)またはハガキ(抽選)にてお申込みください(申込開始 8/2)

30名限定

申込はこちら

 

ハガキでのお申込みの場合は、以下をご記入の上ご送付ください。(9/1必着)

  1. 氏名(ふりがな) ②電話番号 ③メールアドレス

抽選の上、当選者には9/4までにご連絡致します

宛先 〒220-0044 横浜市西区紅葉ケ丘9-2 神奈川県立音楽堂『シッラ』レクチャー係

 



会場 横浜能楽堂 第二舞台(神奈川県立音楽堂ウラ)

   横浜能楽堂アクセス
 

※靴を脱ぎますので、靴下等をお持ちください
 


お問合せ 神奈川県立音楽堂 045-263-2567   9:00―17:00(月曜休館)

助成 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)

   独立行政法人日本芸術文化振興会

協力 横浜能楽堂 日本ヘンデル協会 横浜・紅葉ケ丘まいらん協働事業

後援 イタリア大使館 イタリア文化会館


やむを得ぬ事情により内容変更等の可能性がございます。ご来場前に必ず音楽堂HPの最新情報をご確認ください。

講師プロフィール

彌勒忠史(みろく ただし)(カウンターテナー・演出家)

千葉大学卒業。同学大学院修了。東京藝術大学声楽科卒業。

国内外のオペラ・コンサート、「題名のない音楽会」「芸術劇場」などをはじめとするTV・ラジオ番組に出演。CD「B.ストロッツィのカンタータ集」(Tactus/「レコード芸術」2011年ヘヴィ・ローテーション盤)、「イタリア古典歌曲」(King Int.)、「音楽の友」2011年ベスト・コンサート第1位のユニットによる「No early music, No life?」(OMF/朝日新聞推薦盤)など、著作『イタリア貴族養成講座』(集英社)など。

NHK「テレビでイタリア語」「ぶらあぼ」「教育音楽」にて記事を連載。

イタリア国立G.フレスコバルディ音楽院講師、東京藝術大学音楽学部声楽科教育研究助手を経て、現在、放送大学、学習院生涯学習センター非常勤講師。

日本音楽コンクール、全日本学生音楽コンクール、東京音楽コンクールの審査員を務める。

在日本フェッラーラ・ルネサンス文化大使。日本演奏連盟、二期会会員。

「アントネッロ」などと組んだ公演で独特のプログラムを披露し、中世やルネッサンス、バロックの声楽曲に笑いあり、涙ありの抜群の表現力を示しただけでなく、東京オペラシティ「コンポージアム2011」でのシャリーノ作品や日生劇場でのオペラ『メデア』(2012年日本初演・平成24年度文化庁芸術祭賞音楽部門大賞)の使者役で、現代作品にも果敢に取り組み、集中力の強く優れた完成度の歌を美しい声で響かせるなど、志の高く幅広い活動を行ったことにより、平成24年度(第63回)芸術選奨文部科学大臣新人賞(音楽部門)を受賞した。

 

花柳凜(はなやぎ りん)(日本舞踊家)

1990年(平成2年)7月3日生まれ。
曾祖母 花柳 寿花の代より続く舞踊家の家系に生まれる。 祖父 花柳 稔に師事。 2歳で初舞台。 16歳で名取、21歳で師範。
ベーシストKENKEN、ロックバンドサカナクションなどのアーティストとのコラボレーションでも注目を集め、SONY、サントリー、ANAなどのイメージモデルも務める。
2017年、明治座にて脚本家デビュー。 
2019年、日本のトップフォトグラファー腰塚光晃プロデュースの長野県戸隠で開催されている“もののけ祭り”にて大トリを務め、戸隠の岩戸伝説になぞらえた【岩戸隠鈿女三番叟】 を発表。
2020年世界的トップフォトグラファーのマリオテスティーノに抜擢され、モデルとして個展 に参加。
2022年秋には京都府京丹後市にて世界で活躍する一流アーティストを集め、新たに2本の新作舞踊を発表予定。
精神性の高い表現力と、古典を重んじた繊細かつ伸びやかな技術でジャンルを超えた活躍を見せ、 音楽、メディア、アートとのコラボレーションにも期待が集まる。

チケット

チケット料金

参加費 2000円(税込み・当日現金支払)

本公演チケットをお持ちの方は500円引(本公演=10/29、10/30 バロックオペラ『シッラ』)

当日受付にて公演チケットをご提示ください

ご持参いただけない場合は割引できません

 

 

チケット取扱い

チケットかながわ

※チケットかながわでの取り扱いはありません

本公演情報

音楽堂室内オペラ・プロジェクト『シッラ』(イタリア語上演 日本語字幕付)

 

ヘンデルの最も謎につつまれたオペラといわれる『シッラ』の日本初演‼

 

2022年10月29日(土)・30日(日) 15:00開演(14:00開場)

 

指揮 ファビオ・ビオンディ / 演出 彌勒忠史

 

特設サイト