神奈川県立音楽堂
  • 行きたい
  • 聴きたい
  • 利用したい
  • 知りたい
  • 音楽堂
  • 音楽堂
  • 音楽堂
  • 音楽堂
  • 音楽堂
  • 音楽堂
  • 音楽堂
  • 音楽堂
  • 音楽堂

音楽堂主催・共催公演のご案内

ヘンデル『シッラ』全3幕
ファビオ・ビオンディ指揮 エウローパ・ガランテ
George Friedrich Haendel: opera "Silla" in 3 acts, HWV 10
by Fabio Biondi & Europa Galante

ビオンディとエウローパ・ガランテが再び音楽堂で伝説の幕を開ける!  熱狂を生んだ『メッセニアの神託』から5年。着々と様々なオペラのレパートリーに挑むビオンディとエウローパ・ガランテのタッグによる舞台版上演の世界初演。彼らが選んだのは、ヘンデルの「ロンドン・オペラ」の中でも最も謎が多い『シッラ』。2017年ウィーン・コンツェルトハウスの公演録音も話題の(東京エムプラス/GLOSSA盤)主要キャスト、そして『メッセニアの神託』で強い信頼関係を結んだ演出・彌勒忠史の演出ほか、気鋭のクリエーターで贈るクールジャパン・プロダクション!神奈川県立音楽堂のみでの公演です。お見逃しなく! 音楽...

  1. 公演日: 2020年02月29日(土)~2020年03月01日(日) 
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット
"Ongakudo Afternoon Concert" The Blue Aurora Saxophone Quartet

サックスの世界の革命児、平野公崇のもと、それぞれソリストしても活躍する若き名手が集結! 溶けるようなつややかな音色、極上のハーモニーとパワー溢れる即興が生む、音楽の祭典。 軽妙なトークとともに音楽と過ごす楽しい午後をお届けする音楽堂アフタヌーンシリーズに、サックス界のトップを走る平野公崇が今ソロでも引っ張りだこの若手とともに結成したブルーオーロラ サクソフォン・カルテットが登場! ソプラノからバリトンまで多彩な音色のサクソフォンを自在に操り、精緻で比類のないアンサンブル、美しいハーモニーで聴くもの見るものを虜にします。グループ名の由来となった武満徹「一柳慧のためのブルーオーロラ」をは...

  1. 公演日: 2020年03月20日(金)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

コンスタンチン・リフシッツ〈ベートーヴェンへの旅〉vol.2 「悲愴」
Konstantin Lifschitz, Piano
The Complete BEETHOVEN "Piano Sonatas vol.2"
Ongakudo Virtuoso Series vol.27
 NEW

‟とてつもない天才”とともにめぐる、ベートーヴェンピアノ・ソナタの旅路 ベートーヴェン生誕250周年にあたる2020年、若いころから〝ホロヴィッツの再来”と注目され、音楽堂でも名演を刻んできたコンスタンチン・リフシッツが、首都圏の音楽ホール8館をめぐり‟楽聖“ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲を演奏する一大プロジェクト。今世紀の巨匠の呼び声高いリフシッツと共にめぐる〈ベートーヴェンへの旅〉。リフシッツ自身が熟考の末組んだという各公演のプログラムで辿る。 22年ぶりに訪れる音楽堂では「葬送」「悲愴」をはじめ第2番、第7番、リフシッツが音楽的に関連があると語る悲しみを秘めたソナタ集...

  1. 公演日: 2020年04月26日(日)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズVol.27~31 5公演セット券  NEW

世界の頂点に立つ名手たちの至高の音楽をお届けするシリーズ。 5公演通して買うとお得なセット券を期間限定で発売!   リフシッツ一般+他4公演S席 全5公演で、24,500円 (29,200円のところ) KAme会員先行1月11日(土) 一般発売1月13日(月・祝) *4月25日(土)までの期間限定発売!   ■音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ Ongakudo Virtuoso Series Vol.27 コンスタンチン・リフシッツ〈ベートーヴェンへの旅〉vol.2「悲愴」 Konstantin Lifschitz,The Compl...

  1. 公演日: 2020年04月26日(日)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

ベネズエラのホワイトハンドコーラス 見えない優しさが紡ぐ奇跡のハーモニー
「ララ・ソモス LARA SOMOS」

ベネズエラのエル・システマ特別支援プログラムである「ホワイトハンドコーラス」の代表メンバーからなるヴォーカル・アンサンブルグループ、「ララ・ソモス」。様々な障がいをもった人が分け隔てなく参加する「ホワイトハンドコーラス」は、声を出して歌う合唱と、白い手袋をはめて手歌(サインマイム)で歌詞を表現する合唱の二つが一組となって届ける、新しい芸術表現です。視覚障害者を中心に構成される「ララ・ソモス」の演奏には、さらにマラカス、クアトロ等の民族楽器も加わって演奏されます。 2013年にはザルツブルク音楽祭に招聘され、その美しいハーモニーはTV収録され全国で放映されました。その後もミラノ万博など国際...

  1. 公演日: 2020年05月08日(金)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

ギル・シャハム ヴァイオリン・リサイタル
Ongakudo Virtuoso Series vol.28
Gil Shaham Violin Recital with Akira Eguchi, Piano

美音が歌う!ギル・シャハム、待望の音楽堂リサイタル! 10歳でエルサレム響と協演し、アイザック・スターンやヘンリク・シェリングらの前で演奏してデビュー。「天才ヴァイオリニスト」の名をほしいままに、国際的に多彩な活動を続けるギル・シャハムが音楽堂で待望の初リサイタルを開きます。このたび当初発表されていた曲目を変更し、音楽堂のためのプログラムが決定しました!珠玉のクライスラー2曲に、ドビュッシー、メシアン、そして技巧と陰影に満ちたラヴェルの「ツィガーヌ」からヴァイオリン・ソナタの金字塔フォーレのソナタ第1番まで。フランス音楽の美とエスプリを、卓越したテクニック、輝くような弦の響きで流麗に...

  1. 公演日: 2020年06月25日(木)
  • 公演詳細
  • チケット購入
  • twitter
  • facebook

クロノス・クァルテット〈テリー・ライリー「サン・リングズ」日本初演〉
Kronos Quartet “Sun Rings” by Terry Riley, Japan Premiere

惑星探査機ボイジャー1号の打上げ25周年を記念し、NASAが、ミニマル・ミュージックの巨匠テリー・ライリーに委嘱し2002年に「クロノス」により初演された曲「サン・リングズ(太陽の輪)」。ボイジャーから送られた宇宙映像や、宇宙の電波からインスパイアされたエレクトロニクス音響、合唱とのコラボレーションによる全10楽章、休憩なし90分の大曲日本初演。 クロノス・クァルテットオフィシャルWEB 最新アルバム『テリー・ライリー「サン・リングズ(SUN RINGS)」』 (NONESUCH 7559.792586/ワーナー・ミュージック ジャパン2019.09.03 発売) 第62回...

  1. 公演日: 2020年10月03日(土)
  • 公演詳細
  • twitter
  • facebook

最近チェックしている公演

  •  
  • 音楽堂facebook
  • 音楽堂Twitter
  • リニューアルオープン・開館65周年記念寄付金《すべての人のための音楽堂》キャンペーン
  • 前川建築見学ツアーin音楽堂
  • 無料シャトルバス(主催公演)
  • 街なかトークカフェ
  • 音楽堂・子どものための公開リハーサル
  • 年間ラインナップ 2019年度
  • インターネットでのチケット購入方法

音楽堂チャンネル公開中!

ヴィヴィカ・ジュノーとロベルタ・インヴェルニッツィが歌う ヘンデル『シッラ』第2幕よりフラヴィアとレピドの二重唱"あなたのためだけに"。2019年秋 ブカレスト、エネスク・フェスティバルから。ファビオ・ビオンディ指揮エウローパ・ガランテとの完全舞台版上演は間近!

スンへ・イムが心に炎を秘めて切々と歌う ヘンデル『シッラ』より第2幕最後、シッラの妻メテッラのアリア"お助けください。おお、正義の神々よ"。

ファビオ・ビオンディ指揮エウローパ・ガランテ ヘンデル『シッラ』第1幕よりチェリアのアリア"心に希望を育めるなら"。2019年秋 ブカレスト、エネスクフェスティバルでの演奏(フランチェスカ・ロンバルディ・マッズーリ)。音楽堂公演ではマリア・イノホサ・モンテネグロが歌います!

2020年2月29日、3月1日 バロック・オペラ ヘンデル「シッラ」音楽監督 ファビオ・ビオンディからビデオメッセージ