お知らせ

関連企画 決定! 開館65周年記念 音楽堂室内オペラ・プロジェクト ヘンデル『シッラ』全3幕 日本初演

2019年11月08日(金)

神奈川県立音楽堂のリニューアルオープン、開館65周年を記念してスタートする「音楽堂室内オペラ・プロジェクト」。今シーズンのハイライトとなる公演、<ヘンデル『シッラ』全3幕 日本初演>の関連企画が決まりました!専門の講師が初めてや未経験の方でもヘンデルやオペラの世界の魅力に導いてくれる貴重なコンサートやワークショップです。本公演ご鑑賞の体験をぐっと深める関連講座にぜひご参加下さい!※マスタークラス受講生は専門の方必要です。聴講はどなたでも可能です。詳しくはリンク先をご覧下さい。

 

レクチャーコンサート「ヘンデルと謎のオペラ『シッラ』~古代ローマの物語」2020年1月8日(水) 14:00

『シッラ』の舞台となるのは共和政ローマ。タイトルとなる人物、紀元前2世紀に実在した独裁者、ルキウス・コルネリウス・スッラの後半生を題材にした作品です。ドイツからイタリア修行を経てロンドンにやってきた若きヘンデルが1713年、28歳の時ロンドンで作曲し、台本も音楽も充実した内容ですが、当時劇場で上演されたかどうかも定かでなく、現代のヨーロッパでも滅多に上演されたい、謎に満ちた作品です。この作品をより深く楽しんでいただくためのレクチャーコンサートを開催。日本ヘンデル協会の協力を得て、3人の講師の方が、台本、歴史と様々な視点から、実演も交えてこの作品の魅力と謎に迫ります。オペラ通はもちろん、歴史好き、文学好き、オペラを観るのは初めて、という方も存分にお楽しみいただけます。是非お越し下さい!

 

マスタークラス「ヘンデル声楽作品の発音と様式を学ぶマスタークラス」2020年1月9日(木) 14:00

『シッラ』はヘンデルの初期作品で、台本も音楽も充実していますが、日本では始めての上演となります。このめったにない機会に、ヘンデルのイタリア語声楽曲の発音と様式の指導を受けられるマスタークラスを、声楽家としてイタリア語歌唱をさらに研鑽したい方、および声楽家志望の方で、音楽大学声楽専攻の大学生・大学院生・卒業生を対象に開催します!もちろん聴講はどなたでも可能。聴講されるとヘンデルのオペラのレチタティーヴォ、アリア、カンタータなどの魅力と表現のツボがより深くご理解いただけます!

 

舞台美術ワークショップ「音楽と美術のつながり/音楽から生まれる美術」2020年2月16日(日) 14:00

音楽を聴いた時、どんな気持ちになりますか?楽しい?嬉しい?怖い?悲しい?頭の中にはどんなイメージが広がりますか?清らか?混沌?明るい?暗い?色で例えるなら??セットデザインを考える時、その作品で使用される楽曲、その作品の演出イメージに合っている曲などをとにかく聞き続けることで、見えてくるイメージがあります。それを目に見えるカタチにしていくうちに、やがてセットデザインが表れてきます。このワークショップではそんな「音からデザインする」ことを体験してみましょう!講師は神奈川県立音楽堂で『シッラ』日本初演の舞台美術を担当する舞台美術家のtamako☆さん。アートでまちおこしをしている『黄金町バザール』の会場ともなっている黄金町高架下スタジオSite-D集会場で、音楽からイメージを喚起し視覚表現におきかえる表現を体験してみましょう!美術の経験は問いません。オペラ等の舞台美術にご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。


開館65周年記念 音楽堂室内オペラ・プロジェクト ヘンデル『シッラ』全3幕 日本初演 制作・広報インターン募集


開館65周年記念 音楽堂室内オペラ・プロジェクト

ヘンデル『シッラ』全3幕 ファビオ・ビオンディ指揮 エウローパ・ガランテ
イタリア語上演/日本語字幕付 日本初演  2020年2月29日(土)3月01日(日) 14:00

お知らせ一覧

  • 音楽堂facebook
  • 音楽堂Twitter
  • リニューアルオープン・開館65周年記念寄付金《すべての人のための音楽堂》キャンペーン
  • 前川建築見学ツアーin音楽堂
  • 無料シャトルバス(主催公演)
  • 街なかトークカフェ
  • 音楽堂・子どものための公開リハーサル
  • 年間ラインナップ 2019年度
  • インターネットでのチケット購入方法

2020年2月29日、3月1日 バロック・オペラ ヘンデル「シッラ」音楽監督 ファビオ・ビオンディからビデオメッセージ